女性ホルモンと更年期障害

健康関連  |

女性にとって女性ホルモンは重要なものです。
このホルモンバランスが崩れることによって、
生理不順や若年性更年期障害なども引き起こしてしまう恐れもあり、
体のバランスを崩しやすくなってしまいます。
af9920073413x
そうならないためにも、女性ホルモンを増加させる食材を摂取するように心がけましょう。
女性ホルモンを活性化させる食材の代表的なものといえば、大豆です。
大豆には大豆イソフラボンが多く含まれており、納豆や豆腐、味噌やきな粉といった食材に含まれています。

ホルモン分泌のバランスを整えるにはビタミンEが効果的で、
アーモンドやカボチャなどに含まれていますし、煎茶にも多く含まれていますので、煎茶を飲むことでビタミンEだけでなく他のビタミンも摂取でき、ホルモンバランスだけでなく風邪などの予防にも効果的です。
生理不順や更年期障害に効果があるといわれているのが、ゴマ、小麦、えんどう豆です。
これからにはレソルシル酸ラクトン類が含まれているため、女性ホルモンと同じ働きをしてくれるのです。

これらを摂取することで、女性特有の身体に起きる症状だけでなく、髪の毛にも効果的といわれています。
年齢を重ねるにつれて男性ホルモンはどうしても増えてしまいます。
髪の毛は男性ホルモンの分泌量が増えてしまうと薄くなってしまうので、
女性ホルモンを活性化させる食材を摂取してホルモンバランスを良くしましょう。

女性が一定の年齢になれば生理が来るように、歳を取ると更年期障害も起こります。
更年期障害は、大きく体調を崩すわけではないものの、本人も周囲にもあまりいい影響を与えません。
来てしまうものは仕方がないとして、自分でできる対抗策を講じておくことはいいことだと思います。

«

美容サロンカテゴリー